平成27年度都立高校入試の概況(2)

3月20日に行われた新教育研究協会の入試結果報告会に参加してきましたので、その資料から都立高校入試の概況について要点をお伝えします。

学力検査の状況と平成28年度の制度変更についてです。

出願状況・応募倍率・受検状況・合格率

前回の続き

(7) 学力検査(第一次、分割前期)

(ア) 一般募集人員31655人に対して、出願締め切り時の応募者は47369人で、応募倍率は1.50倍でした。

(イ) 出願締め切り時で倍率が1未満の全日制の学校は、普通科10校、専門学科20校29学科で、工業科・農業科での定員割れが目立ちます。

(ウ) 願書の差し替え状況を見ると、全日制では応募者の6.4%にあたる3038人が願書を取り下げています。差し替え後の定員割れは、普通科2校、専門学科11校12学科に減りました。農業科での4校4学科が目立ちます。

① 普通科男子:1439人取り下げ、1346人再提出

② 普通科女子:1022人取り下げ、970人再提出

③ 専門学科:227人取り下げ、374人再提出

(エ) 全日制の最終応募者数は47375人で倍率は1.50倍でした。

① 普通科:1.55倍

② 専門学科:1.29倍

③ 総合学科:1.44倍

(オ) 全日制の受検者は44732人、受検倍率は1.41倍でした。棄権者は2643人で棄権率は5.6%です。

(カ) 全日制の受検者44732人のうち31833人が合格して12899人が不合格となりました。実質競争倍率は1.41倍、合格率は71.2%となります。

(キ) 普通科全体の合格率は69.1%、専門学科の合格率は82.1%でした。

① 普通科男子:68.9%

② 普通科女子:69.3%

③ 商業科:86.4%

④ 工業科:87.3%

⑤ 農業科:90.0%

⑥ 家庭科:81.1%

⑦ 総合学科:72.6%

(ク) 入学手続き者数は31681人、辞退率は0.47%です。

平成28年度都立高校入試制度の変更点

(1) 調査書の実技の評定を2倍に変更

(2) 学力検査の得点と調査書点との比率を全校7:3にする

(3) 入試科目を5科にする

(4) 記号選択式問題でマークシート方式の導入